2019年1月24日(木)

ロケット燃料 ポンプで製造 JAXAと中央大 人の大腸まね、混ぜやすく

2016/6/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と中央大学は今夏から固体燃料ロケット向けに効率よく燃料をつくって運ぶ技術の本格的な開発に乗り出す。人の大腸の動きをまねた管状のポンプを使い、固体燃料を均一に混ぜながらロケットに送り込む。来年度には実験用ロケットを使った燃料の燃焼試験なども予定しており、早期の実用化を目指す。

国産小型ロケット「イプシロン」などに使う固体燃料は粘度が非常に高い。従来は専用の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報