2019年2月23日(土)

新素粒子、開け未知の扉
宇宙観が一変? 確認大詰め

2016/6/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

万物に質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」を発見した欧州の大型加速器「LHC」で、新たな発見への期待が高まっている。未知の素粒子が存在する可能性を示すデータが得られ、確認のための実験が続く。もし存在が事実なら、ヒッグス粒子に続く歴史的な成果だ。物質や宇宙の成り立ちを説明する素粒子物理学の見直しを迫り、今の世界観が大きく変わることになるかもしれない。

スイス・ジュネーブ近郊にある欧州合同原子核研究機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報