/

この記事は会員限定です

トランプ人気の背景とは 「反知性主義」の再来か

慶応大学教授 渡辺靖

[有料会員限定]

米大統領選で共和党の候補者指名を確実にした不動産王ドナルド・トランプ氏。リアリティー番組の司会者としても人気を博した同氏だが、公職経験が無いまま党内の有力政治家やワシントンの既成政治に挑み、勝ち上がっていくさまは、まさに究極のリアリティー番組を観(み)ているようだ。

この「トランプ現象」は古くて新しい事象でもある。

一方では、建国以来、米国史の振り子を揺らしてきた「反知性主義」の再来といえる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン