/

この記事は会員限定です

日常の音 快適にデザイン

産学から人材、欧米追う

[有料会員限定]

自動車のエンジン音や家電製品の起動音、テレビCMの音声……。日常生活では1日を通して数え切れない音と接している。こうした多種多様な人工的な音を快適かつ機能的に聞こえるようにする「サウンドデザイン」への取り組みが国内でも熱を帯びてきた。聴覚に障害を持つ人にも聞き取りやすい音響環境づくりや、工業製品が発する音の改善など内容も様々。産学から多様な人材が集まり、先行する欧米を追いかける。

電通は聞き取りや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン