/

この記事は会員限定です

憲法改正を考える(上)論議の共通土台 出発点に

普遍的原理の否定、避けよ 曽我部真裕・京都大学教授

[有料会員限定]

参院選で憲法改正が争点の一つになるといわれる中で、緊急事態規定や9条を焦点として、憲法改正論議に改めて注目が集まっている。筆者の立場を端的に述べれば、日本国憲法は「不磨の大典」(明治憲法発布勅語)ではないが、現在の憲法論議のまま拙速に改正に突き進むべきでもなく、まずは憲法論議のあり方の立て直しが先決と考える。

まず他国の憲法と比較すると、日本国憲法は規律力の弱い憲法であることを確認したい。そう考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2817文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン