/

この記事は会員限定です

個人型DC、玉石混交

金融機関の商品・コスト吟味

[有料会員限定]

個人が掛け金を積み立てて運用し、老後資金を作る個人型確定拠出年金(DC)。対象者を来年から大幅に増やす改正法が5月24日、国会で成立した。節税効果が大きい仕組みだが金融機関の手数料はまちまちで、扱う金融商品の品ぞろえも玉石混交。どう選べばいいのだろうか。

「法改正を待っていた」。こう話すのは香川県の県立高校の男性教師Aさん(34)。7年前から国内外の資産に投資している。しかし「節税効果が大きな個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン