/

この記事は会員限定です

私のアマオケ探して(2)

バイオリン転向、念願の入団 ブラームスの壁、無念の退団

[有料会員限定]

「曲もたくさんあるし、楽しいですよ、バイオリンは」。弦楽器をやりたいと飛び込んだ音楽教室で、指導を受けることになった小杉裕子先生はそう話した。「やりたい曲は?」と聞かれ、「バッハのオーボエとバイオリンのための協奏曲」と即答した。30年間、温めていた曲だ。昔吹いていたクラリネットがクラシック音楽で本格的に登場するのは18世紀のモーツァルト以降。だからクラリネットでバッハはやらなかった。

「ま、とりあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン