ホテル稼働率、高水準でも低下 都内4月88.6%、料金上昇が影響

2016/6/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた東京都内の主要18ホテルの4月の平均客室稼働率は88.6%で、前年同月に比べて0.7ポイント低下した。花見を目当てにした訪日外国人客が多かったもようで、ほぼ満室とされる80%を上回った。ただ、稼働率の低下は3カ月連続。客室料金の上昇も影響しているもようだ。

4月の稼働率は上昇、低下とも8ホテルずつで、2ホテルが横ばいとなった。90%を超えたのは、ホテルオークラ東京(港区)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]