/

この記事は会員限定です

東急、ベトナムに大規模宅地

880億円投じ9000戸

[有料会員限定]

東京急行電鉄はベトナムの主要都市ホーチミン市に隣接するビンズン省に、約8億ドル(約880億円)を投じ大規模宅地開発に乗り出す。国内企業が手掛ける海外案件としては最大規模となる約9000戸を供給する。首都圏の沿線開発で培った街づくりのノウハウを投入し、経済発展に伴い増える富裕層を中心に販売する。

東急電鉄とベトナムの都市開発企業の合弁会社がこのほど工事に着手した。開発区域はビンズン省の新都心にある6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン