/

この記事は会員限定です

広島、長崎への原爆投下

犠牲者、計46万人以上

[有料会員限定]

米国は原子爆弾を1945年8月6日に広島市、9日に長崎市に投下した。人類史上初となる核兵器を実戦で使った。激しい熱線と衝撃波、有害な放射線が発生し、同年だけで21万人以上が死亡。日本は現在も唯一の被爆国だ。

米国は42年、旧ナチスドイツに先を越されまいと原爆開発計画「マンハッタン計画」を始めた。45年7月には原爆実験に初めて成功。ナチスドイツは既に降伏しており、戦闘が続いていた日本への投下を決めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン