/

この記事は会員限定です

台湾と日本のはざまを生きて 羅福全著

独立運動、無国籍状態から「世界人」へ

[有料会員限定]

本書の「自序」は「私は紛れもない台湾人である」という一文からはじまる。羅福全氏は1935年に日本統治下台湾の嘉義市栄町に生まれた。日本で終戦を迎え、帰郷した翌年に二・二八事件がおき、知人が虐殺され、晒(さら)されるのを見た。少年が成長とともに台湾独立運動へ傾倒したのは不自然なことではない。台湾大学経済学部を卒業した彼は、再び日本を経て、米国ペンシルベニア大学へと渡った。そして、開発経済学を修めな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン