/

この記事は会員限定です

(専門家の見方)中国に最低限応えた

[有料会員限定]

東京大学の松田康博・東洋文化研究所教授 蔡英文総統は92年コンセンサスの内容を認めろと中国から求められていたが、間接的に自分の立場を堅持しながら、中国の要求に最低限応えたといえる。中国側は不満に思っても、武力を使うわけにもいかず、経済制裁をしても自らが困ることになり、強い立場には出にくい。とりあえず様子を見ようと、結論...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン