/

この記事は会員限定です

少子化対策 待機児童の解消 希望出生率1.8へ保育枠50万人増

[有料会員限定]

出生率が低いままでは少子高齢化の克服は到底おぼつかない。政府は若い世代の希望がかなえば実現するとみられる「希望出生率1.8」を目標に掲げ、プランに具体策を盛り込んだ。その柱は待機児童の解消だ。施設整備と保育士人材の確保により、2017年度末までに保育の受け皿を50万人分増やす。

全国の待機児童は15年4月時点で2万3167人。5年ぶりに増加した。人口が減っても待機児童が減らないのは、共働き世帯の保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン