/

この記事は会員限定です

だだちゃ豆使った洋菓子(山形大)

乾燥技術いかし通年販売

[有料会員限定]

山形大学発ベンチャーのナチュラルプロセスファクトリー(NPF、山形県米沢市)と県内の老舗菓子店が組み、名産の「だだちゃ豆」を使った洋菓子を開発した。NPFの乾燥技術を応用。収穫時期の短いだだちゃ豆を長期保存できるようになり、通年販売が可能になった。県内の新たな土産品として定着させることを目指す。

NPFが提携するのは山形県鶴岡市の木村屋。今年3月、だだちゃ豆の粉末を使用したフィナンシェ(1箱6個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン