130万人のピリオド 弔い自ら元気なうちに
家族・仲間へ感謝の場

2016/5/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

生きているうちに自分の葬儀をする「生前葬」。人生の最後に向けて準備する終活の一環として、シニア層の間で注目され始めた。生涯を早めに振り返り、家族や仲間に感謝を伝える場とするほか、子世代に負担をかけたくないとの親心も見え隠れする。芸能人が企画して話題を呼んだことはあるが、弔いの形が多様化するなか、一般にも広がりそうだ。

4月24日、東京都江東区の清澄庭園内の大正記念館。元横浜市立東高校教諭の飯田洋…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]