/

この記事は会員限定です

VB、雇用の受け皿に

単純作業・低賃金が課題

[有料会員限定]

総務省の就業構造基本調査(2012年)によれば意欲があっても働けない子育て中の女性は170万人。リクルートワークス研究所によると「勤務時間などが合わない」ことが働いていない理由の3割を占める。

大企業より柔軟な働き方ができるVBの方が子育て女性の雇用の受け皿となる余地は大きい。専業主婦の働く意欲を阻む配偶者控除の見直しが実現すれば、眠れる主婦の力をさらに引き出せる可能性もある。

VBが主婦を戦力化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン