/

この記事は会員限定です

食品細菌数 5分で測定

NPC、検体の培養不要 衛生管理コスト削減

[有料会員限定]

微生物検査関連事業を手掛けるNPC(福岡市、森脇俊一社長)は食品などに含まれる細菌数を5分で測定できる新型検査機器「バクテスター」の販売を始めた。従来は菌を目視で確認するため、検体を約48時間培養する必要があった。新型機では細菌を染色してセンサーで計測する独自技術を使っており、食品メーカーなどの衛生管理コスト削減効果を見込む。

最大の特徴は検査時間を大幅に短縮できる点だ。培養法と呼ばれる従来の方法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン