/

この記事は会員限定です

ケニア産業化相「アフリカの市場統合推進」

魅力を高める

[有料会員限定]

来年の第6回アフリカ開発会議(TICAD)開催国であるケニアのモハメド産業化・企業開発相は日本経済新聞と会見し、アフリカ地域の市場統合を国として主導する立場を明らかにした。域内の関税撤廃や人の移動の自由化を経済成長につなげる考えだ。

ケニアはタンザニアなど周辺国と東アフリカ共同体(EAC)を設立し、市場統合を進めてきた。モハメド氏は「今後は周辺地域とも連携を深め、単一の市場として魅力を高める」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン