/

この記事は会員限定です

パリ協定離脱 米経済に刃

グローバル・ビジネス・コラムニスト ラナ・フォルーハー

[有料会員限定]

地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの米国の離脱宣言は、トランプ流劇場型政治の典型的一幕として見ると、一番理解しやすい。

トランプ大統領は1日、パリ協定から離脱したいのは、同協定が米国の石炭産業や製造業の雇用を奪うからだと述べた。その主張自体はたわ言だ。だがトランプ氏が、自分の支持基盤に対して発しようとした政治的メッセージは極めて明確だった。

「温暖化ガス排出量削減の先頭に立つと言いつつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン