FIFA副会長ら起訴
米当局、収賄や資金洗浄で 会長選に影響も

2015/5/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋里奈、ジュネーブ=原克彦】米司法省は27日、国際サッカー連盟(FIFA)の副会長ら14人を贈収賄やマネーロンダリング(資金洗浄)などの罪で起訴したと発表した。スイスの司法当局は同日、米国の要請を受けこのうち7人を逮捕した。FIFAはワールドカップ(W杯)の開催地の決定などをめぐり汚職疑惑が取り沙汰されており、金権体質に批判が集まりそうだ。29日の会長選に影響する可能性もある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]