2018年12月13日(木)

マニラの鉄道に2400億円
政府、アジア整備主導 ODAで最大

2015/7/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【マニラ=佐竹実】日本政府は、フィリピンの首都マニラで計画される鉄道の整備事業に約2400億円の円借款(総合2面きょうのことば)を供与する方針だ。政府開発援助(ODA)による一回の貸し付けとしては過去最大規模。安倍晋三首相が5月に、新たな支援戦略として打ち出した「アジアでの質の高いインフラ投資」の第1弾となる。金額の大きさだけでなく長期にわたる成長の持続性も重視した支援とする。日本企業の商機も広がりそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報