/

この記事は会員限定です

電子化でテロ資金隠し

パリ実行犯がプリペイドカード悪用、「イスラム国」はビットコイン蓄財も

[有料会員限定]

11月13日のパリ同時テロで、過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)の実行犯が電子マネーのプリペイドカードを使ってテロを準備していたことが分かった。一定額匿名で使えるため追跡しにくく、フランスは購入時の規制強化を決めた。ISは仮想通貨「ビットコイン」で一部資金をためているとの指摘もある。当局によるテロ資金対策は一段と困難になる。

実行犯は資金の追跡による捜査に対抗する目的で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン