/

この記事は会員限定です

ロシア、米揺さぶり トランプ政権混乱見透かす

トルコに武器輸出打診 米外交官の削減要求

[有料会員限定]

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのプーチン政権が米国への揺さぶりを強めている。米国の対ロ制裁強化法案の成立が不可避になったことを受け、ロシアにいる多数の米外交官を追放する報復制裁を発表。米政権の出方をうかがうとともに、内政混乱で米外交が手薄になった隙を突き、武器輸出をテコにした米国の友好国の切り崩しを図る。来年3月の大統領選をにらみ、米国に毅然と対峙する姿勢を国民にアピールする思惑もあるようだ。

「我...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン