扇動政治、民主主義脅かす
チーフ・エコノミクス・コメンテーター マーティン・ウルフ

2016/12/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2016年の政治的大変動、つまり英国の欧州連合(EU)離脱決定と米国のトランプ次期大統領選出は民主主義の勝利だろうか、それとも民主主義への脅威だろうか。各国の民主主義は市民の正当な不満に対処すべきだ。実際、平和的な方法でその不満に対応できるのは民主主義の強みの一つだ。だが、扇動家による不満の利用は民主主義を脅かす。これは各地で起きてきたことで、欧米の民主主義国が例外だと考えるのは愚かだ。…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]