民主主義 立て直すには チーフ・エコノミクス・コメンテーター マーティン・ウルフ

2017/9/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

民主主義が後退している。自由なグローバル経済への信認も低下している。民主主義と資本主義は本来、"婚姻関係"にあるが、何度も危険な状態に陥った。今も厳しい局面に見舞われている。

米人権団体フリーダムハウスは最新の年次報告書で、2016年まで11年連続で世界の民主主義が後退したと指摘した。

米国でのトランプ大統領の誕生は、自由貿易への反発の高まりを示すものだ。世界金融危機の後、米ウォール街や、国境を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]