2018年7月17日(火)

シリア大統領が電撃訪ロ
プーチン氏、影響力誇示 内戦終結へ主導権狙う

2015/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【モスクワ=田中孝幸】シリアのアサド大統領は20日、秘密裏にモスクワを訪れ、ロシアのプーチン大統領と会談した。ロシアの21日の発表によると、両首脳は9月末から続くロシアによる過激派組織「イスラム国」(IS)への空爆の継続について協議し、軍事面での連携を確認した。シリア内戦の収拾策についても話し合ったとみられる。ロシアがシリアの安定化に向けた協議を主導し、中長期にわたってシリアでの影響力を誇示する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報