トルコ、非常事態宣言
3カ月間、大統領強権化に拍車 反政権派排除、欧米は懸念

2016/7/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコのエルドアン大統領は20日夜(日本時間21日朝)、15日夜に発生した軍の一部によるクーデター未遂事件を受けて3カ月間の非常事態を宣言した。「テロ組織に関係する者を全て排除する」ことが目的だと説明した。事実上の大統領権限強化策で、反政権勢力の大規模排除に拍車がかかる公算が大きい。トルコの強権化に対する欧米の懸念が深まりそうだ。

20日、緊急招集した国家安全保障会議…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]