アプリ設定強要を問題視 アンドロイド抱き合わせ
グーグルに警告、独禁法違反の疑い

2016/4/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は20日、米グーグルにEU競争法(独占禁止法)違反の疑いがあると警告した。携帯端末向けの基本ソフト(OS)「アンドロイド」と自社製アプリ(応用ソフト)を「抱き合わせ」でメーカーなどに提供するグーグルの戦略が、他社のアプリを締め出し、競争を損ねているとの疑いがある、との判断からだ。(1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]