/

この記事は会員限定です

「原油輸出解禁、米に恩恵」

米エネ省前副長官ポネマン氏 成長率押し上げに寄与

[有料会員限定]

【ワシントン=矢沢俊樹】米エネルギー省のポネマン前副長官は日本経済新聞社とのインタビューで米連邦議会などで解禁を求める声が強まっている米国産原油の輸出について「成長率を押し上げるのは確実で経済的な利益につながる」と前向きな考えを示した。日本の原発政策については、気候変動対策の側面からも原発再稼働が欠かせないとの見方を強調した。

――高水準の米シェールオイル生産が続くなかで石油輸出国機構(OPEC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン