2018年7月20日(金)

動き出す米・キューバ<上> オバマ氏対話路線へ 中南米での復権狙う

2015/7/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 米国とキューバの54年ぶりの国交回復で、対話路線に転換したオバマ米大統領がキューバの民主化を実現できるかどうかが課題となる。オバマ氏は中国の台頭が著しい中南米で米国の影響力回復につなげたい考えだが、キューバとの接近を警戒する米議会や、体制維持をもくろむカストロ政権との隔たりは大きい。(1面参照)

 ワシントンでは20日早朝、米国務省の玄関ロビーに並ぶ米と国交のある約190カ国の国旗にキューバ国旗を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報