/

この記事は会員限定です

チュニジアで襲撃、19人死亡

観光客ら博物館で、シド首相「卑劣なテロ行為」 日本人1人負傷の情報

[有料会員限定]

【テルアビブ=押野真也】北アフリカ・チュニジアの首都チュニスで18日、議会に隣接する博物館が襲撃を受け、外国人観光客を含む19人が死亡した。チュニジア当局はイスラム過激派によるテロとみて調べている。実行犯は一時人質をとって博物館に立てこもったがフランスメディアは「人質全員が解放された」と報じた。在チュニジア日本大使館は日本人1人が負傷したとの情報を得て確認を急いでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン