2019年1月22日(火)

「火星12」最大射程5000キロ 北朝鮮ミサイル 韓国国防省が分析

2017/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】韓国国防省は16日、北朝鮮が14日発射した新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の射程は4500キロメートルから5千キロメートルとする分析結果を発表した。韓民求(ハン・ミング)国防相は同日の国会で「一部の技術は予想よりも進歩が早い」と警戒感を示した。

16日付の韓国紙・朝鮮日報も「500キログラムの弾頭を載せて約5千キロメートルの飛行が可能」とする専門家の見方を紹介した。弾頭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

大規模サイバー攻撃 北朝鮮部隊の関与浮上[有料会員限定]

2017/5/17付

安保理、追加制裁も視野[有料会員限定]

2017/5/17付

北朝鮮の報道官「全面的に排撃」 安保理声明巡り[有料会員限定]

2017/5/17付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報