/

この記事は会員限定です

大韓機、前副社長命令で引き返し 「創業家の横暴」に批判

他の財閥にも矛先

[有料会員限定]

【ソウル=小倉健太郎】大韓航空の当時の副社長が自社機のサービスをとがめて搭乗口に引き返させた問題に対し、韓国で批判が広がっている。オーナー経営者の娘が過剰な対応を強いた問題は「創業家一族の横暴」とみられ、矛先は他の財閥にも向かっている。

「娘に対する教育が間違っていました」。大韓航空を傘下に持つ韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長は12日、大韓航空の本社で記者会見し謝罪した。娘は副社長を辞任し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン