2019年8月18日(日)

OPEC、需要見通し下方修正 サウジ、原油安容認鮮明 イランなど不満強く

2014/12/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ドバイ=久門武史】石油輸出国機構(OPEC)は10日公表した月報で、2015年のOPEC産原油への需要見通しを日量2890万バレルとし、従来予想に比べ30万バレル下方修正した。一方、11月の生産量は3005万バレルと前月比1%減となったものの、依然として高水準。加盟国が生産を抑えなければ、原油の供給過剰感を強めることになりそうだ。

15年の需要予測は、14年見通しより40万バレル低い水準だ。O…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。