/

この記事は会員限定です

パナマ文書が示す教訓

[有料会員限定]

今から3年前、ある監視団体がリークされた機密文書をもとに、タックスヘイブン(租税回避地)に関する一連のリポートを公表した。オフショア企業の設立を専門とするパナマの法律事務所モサック・フォンセカには、自分たちの秘密が外部に漏れないかどうかを気にした顧客からの問い合わせが相次いだ。モサックはその心配はないと答えた。事務所のデータセンターは「最新鋭」で、暗号化アルゴリズム(計算手法)は「世界最高クラス」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン