/

この記事は会員限定です

フィリピン 私学教育1日190円

アヤラと英ピアソン、1年で24校 授業に標準モデル、質確保

[有料会員限定]

国民の平均年齢が23歳と若いフィリピンで、低所得層の家庭の子供に照準を合わせた学校事業が始動した。比大手財閥のアヤラ・グループが教育出版世界首位の英ピアソンと合弁会社を設立。開校から1年で24校、生徒数が4千人に達した。コストを切り詰めつつ、良質の教育を提供する。格安航空会社(LCC)のビジネスモデルを連想させる「格安学校」は、富裕層向けが中心だったアジアの教育ビジネスを変える可能性を秘める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン