/

この記事は会員限定です

アップル「守り」鮮明 新iPhone発表

異例の日本モデル 数少ない成長市場に照準

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルが(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを発表した。防水性や撮影機能の弱点を改善し、デザインなどの大きな更新は見送った。「攻め」よりも「守り」の姿勢が目立ったといえる。一方で店頭や駅の改札などでの支払いに使える日本限定の端末を初めて投入する。中国を筆頭に世界販売が減速するなかで、好調な日本の市場を重視する姿勢を見せた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン