/

この記事は会員限定です

中国宝くじ、不正流用

収益の4分の1で発覚、昨年は1.2兆円が使途不明

[有料会員限定]

【大連=原島大介】中国で公営宝くじの収益が不正に流用されるケースが相次いでいる。政府が2012~14年分の一部を調べたところ、社会福祉やスポーツ振興などに使われるはずが、約4分の1で着服などが発覚した。政府は監視を強める方針だが、チェック体制の甘さが露呈した格好だ。

14年全体では約6割にあたる640億元(1兆2736億円)の使途が不明という報告もある。宝くじは庶民のささやかな楽しみの一つとなっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン