/

この記事は会員限定です

米を覆う孤立主義の影

大統領選で共和・トランプ氏の支持率上昇 テロの不安、排他的言動に共鳴

[有料会員限定]

米大統領選の共和党予備選に出馬する不動産王ドナルド・トランプ氏(69)の支持率が上がり、他候補を圧倒し始めた。問題発言を連発し、いずれ支持率は下がるだろうという専門家の予測は外れつつある。党候補の指名獲得も絵空事ではなくなってきた。背後には、パリ同時テロをきっかけに米国を覆う孤立主義の影がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン