/

この記事は会員限定です

仏サノフィや独ヘンケル、マイナス金利の社債

欧州中銀 緩和が後押し

[有料会員限定]

【ロンドン=黄田和宏】欧州企業にマイナス金利で社債を発行する動きが広がっている。仏製薬大手サノフィなどは6日、上場企業として初めてマイナス金利で資金を調達した。欧州中央銀行(ECB)が量的緩和の一環で社債購入に乗り出し、企業に有利な環境が広がる。ただ非効率な企業が低コストで資金を調達するなど市場のゆがみが生じる恐れがある。

サノフィは6日、3年債を発行し、10億ユーロ(約1140億円)を調達した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン