食の安全 東南ア徹底
ベトナム、罰則を強化 カンボジア、初の対策法  経済共同体で物流活発

2016/8/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ハノイ=富山篤】東南アジアで食の安全対策を強化する動きが広がってきた。ベトナムは違反者への罰則を厳しくする法改正を実施、カンボジアは初の食品安全対策法を施行する。ベトナムに進出しているイオンも産地表示などを日本並みにした。所得向上で消費者意識が高まっているのに加え、域内統合で国境をまたぐ物流が増えていることが背景にある。

ベトナムは7月、食品安全に関する法律を改正した。食中毒などで死者が出ると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]