/

この記事は会員限定です

産休・育休、中国拡充

「二人っ子」奨励、地方政府が独自規定 日本企業も対応急ぐ

[有料会員限定]

【上海=小高航】一人っ子政策を廃止した中国で、出産休暇や男性の育児休業の制度を拡充するよう企業に義務付ける地方政府が増えている。これまでに上海市や福建省など少なくとも13の地方政府が、国が定める産休の規定日数(98日)に30~80日上乗せすることを決めた。出産や育児をしやすい労働環境作りを促し、「二人っ子」を推奨する狙い。中国に進出する日本企業も対応を急いでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン