タイ国家評議会 「軍強権」否決、世論を考慮
国民投票なら混乱 軍政延命へ思惑も

2015/9/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 【バンコク=小谷洋司】タイの国家改革評議会(NRC)が6日に新憲法の草案を否決したことで、民政復帰が遅れることになった。憲法起草委員会がまとめた草案は非常時の強権を軍に認める条項を含み、これに対する世論の強い反発にNRCが配慮したとみられる。軍政が否決を事前に容認していたとの見方もあり、いまの暫定政権の延命を目指した形跡もある。今後は新たな起草委が草案づくりをやり直すが、クーデターを制度化するような強権を軍に与えるかどうかが大きな焦点の一つになりそうだ。(1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報