/

この記事は会員限定です

米、企業課税逃れに新規制

海外移転の税控除制限

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米財務省は4日、海外企業とのM&A(合併・買収)を使った米企業の節税策を防ぐ追加規制を公表した。米企業が海外勢と合併して税率の低い第三国に本社を設立した場合、米国に残る子会社の税控除を制限するのが柱だ。製薬大手などが節税目的で米国から本社を海外に移すケースが相次いでおり、11月の大統領選でも規制強化が論点の一つになっている。

米国の連邦法人税率は35%と主要国で最高水準にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン