2018年7月17日(火)

米ロ、思惑抱え仕切り直し シリア攻撃後初の首脳協議
対テロ軸に修復模索 北朝鮮対応、立場に相違

2017/5/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【モスクワ=古川英治】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は2日、米軍によるシリアのアサド政権攻撃後初めて電話で協議した。テロの温床となっているシリアの停戦に向けて協力することで一致したが、朝鮮半島の緊張緩和を巡っては立場の相違も浮かんだ。ともに掲げる「対テロ」を軸に関係修復を仕切り直す両者の思惑が透ける。

1面参照)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報