2018年1月19日(金)

「ロシアはアサド政権加担」 「イスラム国」不在地域空爆か 米、反体制派標的と批判

2015/10/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【ワシントン=吉野直也】カーター米国防長官は9月30日、シリアでのロシアの空爆地域が中東の過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)不在地域だった可能性が高いと明言した。IS掃討を名目にシリアのアサド政権に抵抗する反体制派を攻撃し、同政権の延命に加担する狙いとみられる。シリア情勢は混迷の度合いを深めてきた。同国で発生する難民問題にも影を落としそうだ。

 「無分別」「逆効果」「非生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報