2018年1月19日(金)

難病治療研究妨げも ゲノムは個人情報 規制範囲に懸念

2015/12/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 政府がゲノム(全遺伝情報)のデータやそこから読み取れる情報を個人情報と規定するのは、医療や産業応用の急加速が予想されるためだ。欧州連合(EU)などでも法制度の整備が進み、情報の相互利用のためには国内ルールを作り利用条件などを透明化する必要がある。ただ、研究者の間からは規制が厳しすぎると難病の治療研究などの妨げになるとの懸念も出ている。(1面参照)

 政府は「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

ゲノム情報EUゲノム個人情報厚生労働省



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報