/

この記事は会員限定です

新薬開発 発売できる確率2万~3万分の1

[有料会員限定]

▽…新薬は高い効果と安全性が求められる。製薬会社は長期にわたり多額の研究開発費を投じているが、基礎研究で探した新薬候補が実際に発売できる確率は2万~3万分の1。期間も10年以上かかる場合が多く、開発は年々難しさを増している。製薬大手の研究開発費が売上高に占める割合は約2割に上る。新薬開発の成功率を高めることが競争力強化につながる。

▽…創薬プロセスは大きく4段階に分かれる。基礎研究では薬の候補となる物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン