/

この記事は会員限定です

創薬AIで50社連合 武田やNEC

新薬探し短縮、成功率高め国際競争力

[有料会員限定]

武田薬品工業や富士フイルム、塩野義製薬などは人工知能(AI)を使った新薬開発を進める。富士通NECなどIT(情報技術)企業も含め約50社が参加し、理化学研究所や京都大学と協力して創薬用AIを開発、新薬の候補となる物質を素早く探す。巨額の開発費が必要で、成功率が2万~3万分の1と低い創薬を効率化し、激しくなる世界的な新薬開発で競争力を高める。

近く、企業や研究機関による連合が発足する。国内だけでなく、海外のIT企業や製薬会社も参加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン