2019年1月24日(木)

創薬AIで50社連合 武田やNEC
新薬探し短縮、成功率高め国際競争力

2016/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

武田薬品工業や富士フイルム、塩野義製薬などは人工知能(AI)を使った新薬開発を進める。富士通とNECなどIT(情報技術)企業も含め約50社が参加し、理化学研究所や京都大学と協力して創薬用AIを開発、新薬の候補となる物質を素早く探す。巨額の開発費が必要で、成功率が2万~3万分の1と低い創薬を効率化し、激しくなる世界的な新薬開発で競争力を高める。

近く、企業や研究機関による連合が発足する。国内だけで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報