石油・商社、損失1兆円 原油安の影響大きく
在庫価値目減り 海運・空運は業績押し上げ

2015/1/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

企業業績が原油価格(総合2面きょうのことば)の急落に揺れている。原油在庫の価値の目減りなどで、石油元売りと総合商社で計1兆円の損失が発生する見通しだ。東燃ゼネラル石油は2014年12月期に800億円規模の営業赤字、昭和シェル石油は5年ぶりの営業赤字になったとみられる。一方で燃料費が安くなり海運や空運各社の業績は計画を上回ったようだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]